損害保険の種類

ケガや自動車事故などの損害保険について調べてまとめています。

損害保険の種類と内容

0-77ずいぶん前になりますが、雨が降る日に友人の車を借りて出かけたことがあったんです。車を路肩に止めてメモ帳を見ていたときに、傘をさしながら自転車をこいでいる女の子が車にぶつかってきて、ヘッドライトが壊れてしまいました。傘で前が見えなかったみたいなんですね。その子も怪我はしていなかったし、ヘッドライトを交換しただけで済んだのでよかったのですが、それ以降、人の車は借りなくなりました。

ちなみに借りた車で事故を起こした場合、自分が「他車運転危険補償特約」というのに入っていれば、それを利用できるそうですね。また、免許を持っているけれど自分の車はなく、友人や知人の車を運転することが多いという場合は、「ドライバー保険に加入」しておくと安心とのことです。

損害保険

損害保険には自動車保険以外にもいろいろな種類がありますね。たとえば、火災や落雷などの災害による建物や家財の損害を補償する火災保険、地震・噴火・津波による建物や家財の損害に備えるための地震保険、日常生活でのケガや国内・海外旅行中の損害に備える傷害保険、病気やケガをした時の入院治療費、介護にかかる諸費用のための 医療・介護保険、他人にケガをさせてしまったり、モノに損害を与えてしまった場合に備える個人賠償責任保険などです。

火災保険

火災保険には、住宅を取り巻くリスクを総合的に補償する「住宅総合保険」と基本的な補償のみをする「住宅火災保険」があります。「住宅火災保険」だと、自動車が家に飛び込んできて家屋を壊したとか、給排水設備の事故等で漏水したとか、盗難にあったなどの場合は、補償がないそうです。

個人賠償責任保険

個人賠償責任保険は買い物中に商品を壊してしまったとか、犬の散歩中に、犬が人にかみついてしまったとか、自転車に乗っていて歩行者に怪我をさせたとかそういうときに使える保険です。個人賠償責任保険は自動車保険や火災保険、傷害保険などの特約としてセットで契約することができます。また、ひとつの保険で家族が起こした事故をサポートできるようになっています。

何事もなく過ごせればいいですが、今の世の中、何が起きるかわかりませんから、保険はやっぱり必要ですよね。